web会議とはどんなものかわかりやすく解説します

遠隔地にいる相手との会議を円滑に進める事が出来るのがweb会議の特徴です。インターネットの接続環境、パソコン、マイクやヘッドホンなどの設備があれば、場所を選ばないなどのメリットもあります。また、会議以外にも遠隔地にいる相手とのコミュニケーションツールとして活用する事も可能です。例えば、新製品の開発を行っている企業などの場合、遠隔地にいる相手と同じものを開発する場合には、その都度一つの拠点に集まらないと開発は難しいものとなります。しかし、ネット環境がある、パソコンやマイク、ヘッドホンなどの設備があれば、相手が映し出す映像を見ながら会話を行う事が出来るようになり、目の前にビジネスパートナーがいるかの如く、話を進めて行く事が出来るようになるわけです。

ネットの環境やマイク、ヘッドホンがあれば場所を選びません

web会議はインターネットを利用して、離れた場所にいる相手と映像を見ながら会話を行う事が出来るシステムの総称です。例えば、東京の本社と大阪の支社で会議を開催する場合、大阪で勤務している人が東京まで来なければ会議を開催する事が出来ませんが、web会議の場合はネットを利用した会議システムであり、自分の映像を相手に見せる事が出来る、パソコンを使ったシステムになるので、自分のパソコンの中にある書類などのデータを相手と共有化する事が出来るようになります。必要な機材はネット環境の他に、業務でいつも使用しているパソコン、マイク、ヘッドホンなどであり、ノートパソコンなどの場合は、ウェブカメラが内蔵してあるものを使えば、自分の映像を相手に送信しながら会議を進めて行く事が容易に出来るようになります。

経費の節減や移動時間の節約にもなります

東京にいる人がインターネットを利用する事で大阪のいる人と会議を行う事が出来るなど、遠隔地にいる相手と映像や音声、パソコン内のデータを共有化しながら会議を進める事が出来るのが最大の特徴です。東京で会議が開催される場合、大阪で勤務する従業員は新幹線などを使って移動をしなければなりませんし、新幹線などの交通機関を利用すれば経費が掛かる事になります。さらに、会議の開催時間によっては都内で宿泊が必要になる事もあります。その点、web会議は現在の場所にいるだけで遠方にいる相手と話し合いを行う事が出来るようになりますし、パソコン内のデータを共有化出来るので、会議資料などを配布する必要もありません。移動時間や交通費などの節約にも繋がるため、拠点を持つ企業などが導入しているケースが多いのです。