成功例と失敗例に学ぶ良いweb会議

web会議はこれからのビジネスには欠かせないものですから、成功例と失敗例を学んでしっかりと効果的に使っていきたいものです。うまく使えばweb会議はビジネスに革命をもたらすような効果を生み出すことも出来ますが、上手く使わなければ宝の持ち腐れということにもなりかねません。難しいものではありませんが、これからはどんどんとビジネスのスピードアップが必要になるでしょうし、コスト削減にも大いに貢献をすることになりますから、どのように使うのか、どうすると効率が良くなるのかをしっかりと考えて使うようにするといいでしょう。使えばわかるといっても使い方が分からなければ、その場面で使うようにできないので、まずは知ることからです。そして、使って効果を出すことが大切です。

web会議は海外との会議もリアルタイムで出来る

web会議が最も効果を発揮するという成功例は海外との会議です。海外との会議はこれまでは出張で現地に行くしかありませんでした。電話はFAXで簡単な情報交換をすることは出来てもリアルタイムで映像と音声で会議をすることが出来るような方法はなかったのですが、このシステムが登場したことで、海外との情報交換をリアルタイムで出来るツールが初めて出てきたことになりました。しかも、通信費がこれまでのネットの使用料のままで使えるというコスト削減まで出来るようになったのです。今はネットを契約していないような会社はないでしょうが、このシステムはいくら使ってもこれまでのネットの使用料で使えるので、使えば使うほどお得ということになります。電話やFAXよりも膨大な量の情報をやり取り出来るのですから、これを使わない手はありません。

データは保存も加工もすることが出来る

webの会議システムは導入して使用すれば、ほぼメリットは出るといってもいいぐらいのものですが、使い方はいろいろです。単に会議として使うのもいいのですが、折角デジタルデータのやり取りをするのですから、文書で議事録を残したりしていては、もったいないともいえます。失敗例といえるかもしれません。送受信するデータはそのままセーブすれば、これが議事録となります。また、データは加工や編集なども簡単に出来るので、これで会議中にデータを修正して見せるのもいいですし、会議の終了後の資料として加工したものを関係者の全員にデジタルデータで送信するのもいいでしょう。こうすることで、会議の資料作りなどで時間をロスするようなこともありません。こうした例はデジタルデータをやり取りする成功例といえるでしょう。