web会議を取り入れるメリットとデメリット

近年、web会議を導入する企業が増えているのではないでしょうか。以前は他拠点同士のコミュニケーションは面と向かって行うことが多く、出張費をかけて全国各地から一つの場所に集まることが一般的でした。しかし、出張費がかさんだり移動に時間がかかってしまったりといった無駄を省く為にはどうすればよいのかということを考える企業が増えてきました。そこで登場するのがweb会議です。主にインターネット回線を使用し、遠隔地同士で相手の顔をモニターなどの画面を見ながら会議や打ち合わせができるツールとなります。以前はインターネット回線の状況が良くないので会話に遅延が発生したり、映像が途切れてしまったりといった不具合もありましたが近年では回線状況が改善しスムーズに会議が行えるようになってきました。

web会議を取り入れるメリットについて

webでの会議のメリットは経費削減です。会議と言えば、直接一つの場所に集まって行うことが多いですが、遠隔地同士ですと集まるにも飛行機代や電車代など経費がかかってしまいます。webでの会議は、最初はモニター越しでの会話になるので慣れないと照れて上手く話せない人が多いですが、ほとんどの場合は回数を重ねるごとに慣れて違和感を抱かなくなります。インターネット回線の環境も良くなってきておりますので実際に会っている感覚で会話することができます。また、電話だけで話すよりも遠隔地同士でも顔を見ながら話すことで距離感が近くなり、仕事が円滑に進められる確率が上がります。実際に初めて直接会った時にも、初めてという感覚がなくコミュニケーションが取りやすくなることがメリットです。

web会議を取り入れるデメリットについて

webでの会議によるデメリットを挙げるとすれば初期投資がかかることです。機材を用意したり、使用料金がかかったり、投資は必要となります。しかし、今まで交通費をかけて会議をしていたことを考えるとすぐに費用対効果が得られます。遠隔地から人を集めて会議を行う回数が今まで多ければ多いほど、webでの会議を取り入れることによって当初デメリットとして挙げられていた初期投資はデメリットではなくなります。経費がかかるからと会議の回数が増やせなかった企業や電話でのコミュニケーションが上手く取れていなかった企業にとってはむしろ導入によってメリットを感じることの方が多いです。例えば営業現場であれば、他地域で成功している事例をwebの会議を通して情報を伝えることでリアルタイムに情報を共有することができます。